concept

愛着を育む家具を、あなたの暮らしに届けたい

世界的に人気も高く高価で貴重なブラックウォールナット材を使った家具を、

「最適なデザインと機能、価格、そしてそれを本格手的な手づくりでお届けできたなら」。

これは国内外の木材と建材の流通の仕事に長く関わってきた私の素直な想いです。

人の心を豊かにし、やがて愛着にかわる唯一無二の存在になってくれると信じています。

そして購入した家具は、買って、使い倒して、ボロボロになったら捨ててしまうのではなく、

丁寧に大切に使い、永く暮らしに寄り添い、やがて別の使い手に引き継いでいく。

The king

木材の中ではその特質はずば抜けて高く、また世界のセレブからも愛されているブラックウォールナット。

人気も高く絶対量も少ないため価格もかなり高価であるのが現状です。

家具として誕生したブラックウォールナットは、その迫力の木目と、表面のなんとも言えない色艶や触り心地の素晴らしさはまさに格別。

そんなブラックウォールナットを多くの方に味わってもらいたい。

ただの憧れで終わってほしくない。

欲しいと思ったブラックウォールナットの家具なのに、価格が合わないからと購入を諦めてほしくない。

be Around furnitureではコストを少しでも抑えるため、他の木材をミックス使用することで価格を下げ解決したいと考えました。

テーブルやチェアなど実際に人の手が触れる天板や座面などのトップにはブラックウォールナットやオークを使用し、他の脚材などはビーチ材などをミックス使用することで自然なコントラストを演出。

シンプルモダンやカジュアルなテイストのお部屋にとてもマッチします。

ブラックウォールナットとビーチの相性は抜群

表面から伝わる温もりと肌触り、しなやかな曲線の表現が得意なブラックウォールナットは、TOP材にうってつけの材料です。

一方ビーチはブラックウォールナットよりもはるかに硬質で強度もあり、清潔感のある色味と触り心地は脚などの部位には最も適している木材と言えます。

まさに家具においては最強のタッグと言えます。

相性のいい家具を見る

minimum&furniture

家具を製作する上で、素材についで大切にしていることはフォルム(デザイン)とそのサイズです。

シンプルでミニマムであること。これからの家具には重要な要素であると考えています。

『大は小を兼ねる』からと言って、迷った時は大きい方を買って済ませてよいでしょうか?

普段の自分たちにとって最適な無理のないサイズを選ぶことで、より永く愛用できると考えます。

それは単に小さいものを選ぶという単純なことではなく、

「大きさ」を「無駄遣い」しないかを真剣に考えてみるということです。

商品の構想から試作づくりの段階で、足し算と引き算を何度も繰り返し、

最適なデザインと機能そしてサイズを見つけだしていく。

それこそが使い手の心地よさと愛着ににつながると信じています。

  • Design ~デザイン~

    これからの時代はいいものを永く使う時代です。そのためにいつの時代でも色褪せない新鮮でよりシンプルなデザインを心がけて製作しています。

  • Material ~木材および素材~

    国内外の木材の流通に関わってきた経験を活かし、丁寧な木材の仕入れと選定を行い、限りある資源を大切に使用するための発想と工夫を実践します。

  • Build ~加工と製作~

    日本人気質を活かした丁寧なモノづくりを実践します。使い手の目線に立った発想と想像を大切にし、手間と時間を惜しまない手仕事にこだわり続けます。